中小企業の投資助成制度

 企業の設備投資の増加傾向が続いています。業績が好調なこともあるかと思いますが、将来を見据えて投資するなら「今」、と考える経営者の方も多いと思います。人材不足による将来への不安から、機械化、自動化は中小零細企業にとっては大きな課題です。国も設備投資に対する助成策を打ち出しています。
 今年度から、市町村により差はあるかもしれませんが、新規取得設備の固定資産税(償却資産税)が最大3年間ゼロになるという制度ができています。経営力向上計画と異なり、取得前に申請、認定が必要となります。地元鈴鹿市のホームページでも7月上旬にようやく公開となりました。各市町村での確認が必要です。それ以外にも、IT補助金などの制度もあり、経営者にとっては情報収集も大切になります。申請について、事務所でも支援していますので、お困りの際はご相談ください。