事業承継問題

事業承継に悩む方も多いのでは・・・。以前から経営者が頭を抱える問題の一つが「事業承継」だと思います。お客様の悩みの中でも多いのが、社長は交代したけど、株式がそのままになっているというケースです。これは、株価が高いために、簡単に動かせないというのが現実です。株価が高い会社は、計画的に株式移動の準備を進めていく必要があります。株価評価の引き下げ方法の検討、移動のタイミング、移動方法(贈与、譲渡、自己株式)、税負担の問題、これらの課題を一つ一つ考えていかなければいけません。実際には、ある程度の税負担は覚悟が必要になります。その負担の覚悟と決断が、後継者に求められます。私見ですが、現在の税制では、事業承継がスムーズにいかない仕組みになっています。今年から株価評価が改正されましたが、事業承継の視点からは、全く効果がありません。中小企業を守りたいのであれば、現実を見据えた改正が待たれます。