年末調整の準備

 先月に国税庁のホームページで、今年の年末調整関係の書類や説明書が掲載されました。今年の年末調整に関しては、給与収入が年間1,000万円超の方の給与所得控除額(給与の収入金額から引くことができる金額)は220万円が上限となった以外には、大きな改正はありません。ただし、この年末調整で、同時に記入してもらう扶養控除申告書に関しては、注意が必要です。配偶者控除を受けることができる人は、「源泉控除対象配偶者」に限られます。源泉控除対象配偶者とは、その方の平成30年中の所得の見積額が900万円以下(収入金額1,120万円)でその方と生計を一にする平成30年中の所得の見積額が85万円以下(収入金額150万円以下)の配偶者(青色事業専従者として給与の支払を受ける人及び白色事業専従者を除きます。)をいいます。
 毎月の源泉徴収税額にかかわる事項ですので、給与支払者の方は、しっかりとした周知が必要です。また、この時期、保険会社から控除証明書を送ってくることになりますので、破棄しないようしっかりと保管しておいてください。