消費税軽減税率への対応

 消費税率の改定まで、あと1年になりました。現在のところは予定通り10%へ、そして食品関係などへの軽減税率の導入が行われる予定です。皆さんの準備は、どうでしょうか?新聞や雑誌の情報を見ると、中小企業での準備があまり進んでいないようです。あっという間に1年は経ってしまうと思います。今のうちから自社の対策をしっかりと検討しておくべきかと思います。特に飲食関係で、テイクアウトがある場合などは必須です。レジの対応、価格の設定、価格表示の方法などは早めの検討をしておいてください。特に、箱代やラッピング料、ドライアイス代、配達料などを別途徴収している場合は、これらの費用は10%になるので、経理上も売上を分けて処理する必要があります。今回を機に、商品価格へ取り込むことも一つの戦略となります。
 来年5月には、元号改正もあるため、システムへの対応は避けて通れないと思います。社内での会議の一つの議題として取り上げておいてくださいね。