「どうしよう・・・?相続」にお答えします。
相続の経験豊富な税理士が、みなさまの相談に応じます。
一人で悩まず、まず相談を!

相続相談・申告・手続き
H27年1月開始の相続から相続税の基礎控除額が引き下げられました。これに伴い今まで相続税の心配をする事がなかった方まで申告対象となってくる可能性が出てきます。
 相続については、税金の負担額を軽減させるための「相続税対策」と相続人間の争いを防ぐための「争族対策」が重要になってきます。両方の対策を上手に進めることができなければ、思わぬ税負担、予期せぬ相続人間のトラブルになることがあります。とにかく事前の対策が重要になってきます。
 「相続対策と言っても何をすればいいの?」、「うちはどのくらい税金がかかるの?」といった疑問にお答えします。相続に関する書籍はたくさん出版されていますが、相続対策については十人十色で人によって様々です。ただ、基本は同じです。「遺産の分割対策」、「相続税の納税資金対策」、「節税対策」の3つになります。この3つを中心に考えていきます。
 これらを踏まえたうえで、我々が提案する相続対策の柱は6つです。
  1. 相続人対策
  2. 遺言書作成
  3. 生前贈与の活用
  4. 生命保険の活用
  5. 土地の有効活用
  6. 同族会社対策(会社経営者のみ)
 「皆様の立場」、「財産状況」、「思い」を考慮したうえで、適切な対策をアドバイスさせていただきます。
 また、相続税を処理できる税理士も限られています。報酬の高い安いで税理士を選択すると思わぬ税金を負担することになるかもしれません。相続税の申告おける不動産の財産評価は税理士の知識によって大きな差が出ます。納税する相続税が百万から千万単位で変わってくることもありますので、相続税の申告を得意とする事務所への依頼をお勧めします。当事務所では、相続税等の資産税に強い税理士及びスタッフを揃えており、安心して相談できる環境が整っています。